旅芸人の日記

酒、食べ物、宿、温泉、たまに高等教育

高大接続改革

今日は大正大学で開催された高大接続システム改革フォーラムに参加しました。文科省から4人、リクルートの小林さん、阪大の川嶋先生、順天高校の校長が登壇者として講演・パネルディスカッションが行われました。文科省の方の講演は残念ながら奥歯に物が挟まったような煮え切らない内容でしたし、パネルディスカッションでの小林さんからの問題提起に対しても、いわゆる検討中という答えに終始しました(仕方ないですね)。

順天高校の校長先生のお話で象徴的だったのは、高校教員は自ら課題を発見し解決した経験がない、という発言。まさにその通りで、幼稚園以降は塾や習い事を除いて家と学校しか知らない社会経験皆無の人間に課題解決能力なんざ求めるべくもないわけです。よく認めたな、と思う反面、やっぱり教員養成課程の入試の全面的な見直しと教員採用試験の受験資格に、教員以外の社会人経験3年以上という出願要件を貸す必要があるという持論の正しさ改めて感じました。

川嶋先生のお話で印象的だったのは、定員が存在する限りAPを具体的にすればするほど選抜できなくなる、どんな素晴らしいAPも無意味になる、ということ。ところが、昨日のセミナーの主催者が今年の新卒の入社前教育で出身大学の3ポリについて聞いたら誰も答えられず、一昨日に私が行った新入社員へのレクチャーの中で3ポリについて聞いたら、誰一人3ポリ自体を知らなかった、というのが現実であり、自大学の学生すら全く認識していないものを高校や高校生、保護者に理解して貰おうというのは烏滸がましいと言わざるを得ないですね。

何れも分かりきっていることなのに、認めたくないのか認識していないのか…。前途多難ですな。

学修成果のアセスメント

昨日は学修成果のアセスメントに関するセミナーに参加しました。深堀先生、島田先生のご講演は大変勉強になりましたし、セミナー後の勉強会兼会食でも様々な知見を頂くことが出来ました。非常に濃厚で有意義な時間を過ごせた事に感謝です。

今日は大正大学さんで高大接続改革に関するフォーラムに参加。これまた楽しみです。

東京23区内定員増2

23区内の上位私大は福岡、広島、大阪府南部、仙台、札幌への学部設置を考えてはどうでしょうか。

札幌は地元残留率が高く7割がたが道内進学なので、苫小牧駒澤大学のような弱小私大を買い取る。候補もいくつかあります。

仙台は東北学院一強で他は経営の苦しい法人ばかりなので法人ごと買い取ると高校ももれなく付いてくる。

大阪府南部はロクな大学が無く教育の質も低いため自治体も高校も高校生も大喜び。

広島と福岡は私大はあるけど地元国公立大学との差が大きいので上位層の県外流出が止まらず、また全体の学部・学科構成にも偏りがあるので、これも県外流出の大きな要因となっているから、ここを埋める学部なら成功するのではないでしょうか。

とにかく、どこもMARCHや関関同立クラスの私大が無く、学力はあるのに経済的な理由や地元志向で地元私大に進学する生徒が少なからずいることに進路指導の教員は頭を抱えています。そこに、青山学院大学札幌国際学部、明治大学仙台スポーツ科学部なんてものが出来たら、高校も高校生も保護者も大喜び。実際、明治大学はかなり昔からスポーツ科学部構想が出ては消え出ては消えですし、23区内で学部開設できないとなればスポーツが盛んな仙台なんかいいと思いますが。その代わり、東北学院大学はともかく、最近パッとしない東北福祉大学、スポーツメインの仙台大学あたりは青色吐息になるかもしれませんね。

トワイライトエクスプレス 瑞風 MIZUKAZE

そういえば、先週の木曜日に試運転中の瑞風に遭遇。

乗りたいですねぇ。

高いんでしょうねぇ。

f:id:kkndk5347:20170528164447j:image

東京23区内定員増

東京23区内の平成30年度定員増認可申請については申請期間を前年度の6/1〜30→10/1〜31に、という省令改正案。昨年・一昨年と定員増した資金とマンパワーに余裕のある大規模大学の更なる定員増を促しているように感じます。まだ間に合いますよ、増やすなら早く増やしなさい、ってか?担当させられる職員、教員は夏休み無しですかな。あるいは、間に合わないと思って諦めてませんか?締切延ばしましたよ。